うつ病治療の正しい知識TOP > うつ病に治療に欠かせない事 > 抗うつ剤

抗うつ剤について

 
うつ病の治療法として、抗うつ剤をのむことも有効だとされています。抗うつ剤は市販されておらず、心療内科や精神科を受診して、うつ病と診断された際に、医師の指示によって調剤、処方されます。これは強い副作用が起こることがあるためで、医師または薬剤師から指示された量と回数を無断で変えるべきではありません。また、症状が回復に向かっているからいって、勝手に飲むことをやめるなどもすべきではありません。すべて医師の指示に従うようにしましょう。

服用する量の変化について


抗うつ剤は、一定の効果が出てくるまでしばらく時間がかかるものです。即効性はありません。また、効果が出てくる前になんらかの副作用が出てくることもあります。よくみられるものには、吐き気、眠気、目まいが起こる、下痢や便秘など腸への影響といったところです。体質やうつ病の状態によって、これらの副作用を抑える薬を同時に処方されることもあります。副作用が出ても中止せずに、指示されたとおりに薬を飲み続けましょう。

何度か診察を受けるうちに、薬の量が増やされていくこともありますが、これは症状が重くなったことによって、服薬量を増やしているのではなく、もともと副作用が強い薬であるため、最初は少ない量から飲み始めて体が慣れてくるうちに少しずつ薬の量を増やしていっているのです。なので、「薬の量が増えているのは、症状が悪化しているからだ」と悲観しないようにしましょう。効果が出てくるのは、飲みはじめてからおよそ1週間から2週間ほど経過したあたりからです。この日数には個人差があります。

医師の指示に従うことが大事


うつ病の症状が軽くなり始めても、数か月は薬を飲み続けなければいけません。ただし、薬の量は症状によって増やされたり減らされたりします。先述のとおり、最初は少ない量から始めて徐々に量を増やし、標準の量に達してからはしばらくその量を飲み続けます。症状によって少しずつ標準量から減らしていきます。これらの薬の量の調整はすべて医師の判断によって行われます。くれぐれも症状が軽くなったからといって飲む回数を減らしたり、飲むことを勝手に中止したりしないようにしましょう。

尚、現在の抗うつ剤の主流はSSRIになります。SSRIに興味のある方は以下のサイトも参照ください。

SSRIの副作用
 

関連記事

十分な休養

うつ病の治療法としてあげられるものに、十分な休養をとることがあります。それは、うつ病になった原因が、学校あるいは職場にあるものと思われるからです。もしくは、在宅であっても仕事や家事...

抗うつ剤

うつ病の治療法として、抗うつ剤をのむことも有効だとされています。抗うつ剤は市販されておらず、心療内科や精神科を受診して、うつ病と診断された際に、医師の指示によって調剤、処方されます...

メンタルヘルスケア

うつ病にかかった時には、メンタルヘルスケアが重要なものになります。うつ病がより重いものにならないようにするには、本人はもちろんのこと、家族など周囲の方々の協力も必要になってきます。...