うつ病治療の正しい知識TOP > うつ病治療における注意点 > 自分の判断で抗うつ剤を飲むのを止めてはいけない

抗うつ剤は医師の指示に従って飲む

 
精神科や心療内科でうつ病と診断されると、抗うつ剤を処方されて、服用するように医師より指示されると思います。この抗うつ剤は、医師に指示されたとおりに飲むようにしましょう。飲む量と回数は必ず守り、多く飲むとか、逆に飲まずにいることは治療を遅らせる原因になります。飲まないでいると軽くなってきていた症状がまた悪化することになりかねませんし、逆に量や回数を多くすると、薬の副作用によって体に変調をきたすことになります。

飲むことをやめたくなる理由


抗うつ剤を飲むことをやめたくなることもあるかと思います。その理由としてまず、服用を始めてから効果が出てくるまでに時間がかかることがあげられます。個人差はありますが、自覚できる効果が出てくるまでには1週間から2週間はかかります。そのため、「飲んでも効果がない」、「飲んでも治らないんだ」と考えてしまい、飲むことを中止してしまうケースがあります。その考えは間違いです。抗うつ剤が体に慣れるまでしばらく時間がかかるため、効果が出てくるまで1週間以上はかかることになります。そもそもうつ病は簡単に治る病気ではありませんので、じっくりと腰をすえて時間をかけて治す気持ちを持つことが必要です。また、抗うつ剤の副作用に悩まされて、服用をやめてしまう方もいます。飲み始めてしばらくは体が慣れていないこともあり、副作用が目立つかと思います。それを抑える薬を同時に服用するように指示されることもありますが、それでも何らかの自覚できる副作用が起こると思われます。これも体が薬に慣れるまではがまんする気持ちを持ちましょう。ずっと続いていくわけではありません。抗うつ剤の効果が出てくるにしたがって、副作用も少しずつおさまってきます。

それでもどうしても飲みたくない時は


どうしても副作用に耐えられないと思われるなら、医師に相談することをおすすめします。別の薬を処方してくれるなど何らかの手立てをとってくださるでしょう。自分の判断で抗うつ剤をのむことをやめてはいけません。必ず医師の指示をあおぐようにしましょう。
 

関連記事

自分の判断で抗うつ剤を飲むのを止めてはいけない

精神科や心療内科でうつ病と診断されると、抗うつ剤を処方されて、服用するように医師より指示されると思います。この抗うつ剤は、医師に指示されたとおりに飲むようにしましょう。飲む量と回数...

無理をしてはいけない

うつ病にかかっている時は、すべてにおいて「無理をしないこと」です。無理に何かをしようとすることは、症状をさらに重くすることにつながります。やりたくないことを無理にやろうとしない、何...

うつ病である自分を責める必要はない

うつ病は誰もがかかる可能性を持った病気です。自分だけが特別なんだと考える必要はありません。病気ですので何らかの原因があってかかったものと思われますが、うつ病にかかることは悪いことで...

物事に対する考え方を少し変えてみよう

うつ病にかかった時の治療法のひとつとして、物事に対する考え方を少し変えてみるという方法があります。うつ病にかかる原因のひとつとして、何でも完璧にこなさなければ気がすまない、中途半端...

再発防止に取り組もう

うつ病は治ったとされた後も、再発する可能性が高い病気です。そのため、治った後も、再発を防止することが大切です。まず、生活習慣をうつ病になる前とできるだけ変えてみましょう。うつ病にか...